ブログ

Google大変動でアクセス数が20分の1に激減!2017年4月のブログ運営報告

更新日:

こんにちは、のんびり系ブロガーminaZooです。

ブログを始めて早6ヶ月。半年間で記事数25本と記録的スローペースで更新を続けてきましたが、そんな当ブログもようやく月間1万PVの大台に到達しました。

 

・・・・・ところがその直後に急転直下の出来事が。。

喜びも束の間、ツイート翌日に1日のアクセス数がピーク時の20分の1にまで激減してしまったのです! 4/17,18に実施されたGoogleアップデート(オレンジのライン)の右側がそれ。

今回は1万PV達成直後の悲劇を踏まえて、2017年4月のブログ運営報告をさせて頂きたいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

4/20(木)夜、突然ピタリと訪問者がゼロに・・・。

当ブログは検索からの流入がトラフィック全体の9割以上を占めており、ソーシャル等からのアクセスはほとんどありません。問題の4/20(木)も、朝から検索流入を中心に普段のペースでアクセスを集めていました。異変に気が付いたのは夜10時頃。何気なくスマホでデイリーのアクセス状況をチェックしてみると、やけにPV数が少ない。

気になったのでGRCで登録済みキーワードの検索順位をチェックしてみると、大変なことが起こっていました。

ここ最近、安定的に1位表示されていたキーワードの検索順位が圏外に ( ̄▽ ̄;)!!ガーン

 

他の上位表示キーワードも、奈落の底へ転落していました。。

というかほぼ全ての記事が圏外に吹っ飛んでいて、検索流入に依存しているぼくのブログは壊滅的なダメージを被っていたのです(号泣)

 

そして2日後の4/22には、最高で533あった1日のアクセス数が26にまで激減。 

にじゅうぶんのいち(((( ;゚Д゚)))ガクブル

しかも新規ユーザーは、たったの9人。。

ぼく、なにも悪いことしてませんよ、先生・・・

そう、何もブラックなことをした覚えはありません。そもそもぼくはブラックでやれるだけの知識もノウハウも持ち合わせていない、純真無垢なホワイトハッター(単なる初心者)なのです。

何らかのペナルティを受けている可能性があるので、Search Consoleで手動ペナルティの有無や、セーフブラウジングでのスパムチェック、怪しい被リンクの有無、その他いろいろ、ネットで調べながらチェックするもそれらしき原因は見当たらず。

一つだけ気にかかったのは、最近、複数記事の見出しにキーワードを追記したことくらい。

あまり関係は無いだろうと思いつつも半分ぐらいの記事を元に戻して、それ以外は何もせず様子を見ることにしました。

 

4/23(日)昼、アクセス数に変化が・・・。

その後もネットなどでアクセス急減時の対処方法について調べていると、Googleの自動ペナルティを受けたまま2年間アクセスが回復しなかっただの、諦めてドメインを取り直しただの、センパイ方のイヤ~なエピソードが出てくるわ、出てくるわ。ますます暗い気持ちに。見なきゃ良かった。

「これ、マジでやばいかも。。」

と思い始めていた矢先・・・・・

突然、変化の兆しが。。

 

 

 

 

 

 

 

アクセス数が急回復!!

 

 

そして、、、

 

 

 

 

 

圏外に飛んでいたページも急回復! 

 


 

日頃の行いが良かったのかw、わずか3日で奇跡の生還を果たすことができたのです。

ページの修正が効いたのか、Googleの大きなアップデートで単に誤爆を受けていただけなのか真相は分かりませんが、とりあえず安堵。。ε=( ̄。 ̄;)フゥ

 

4/30(日)朝、悪夢が再び訪れる・・・。

持ち上げといてドーン! それが先生なりの愛情表現なのでしょうか・・・。はたまた、単なるドSなのか?

平穏な日々は、そう長く続きませんでした。

一週間も経たないうちに、悪夢が再び訪れたのです。

4/30(日)早朝、またまた大半のページが圏外へ・・・・・

 

 

4/29に過去最高の734PVを記録したアクセス数が、5/1には再び41PVにまで激減・・・・・

 

 

ウウッ、吐きそう (´┐`)ォェー 

 

 

やはり、フレッドアップデートの影響か?

Web界隈で最近話題になっているフレッドアップデート。ブログやTwitterなどでは様々な情報が出ていますが、原因は色々と考えられているようです。

大量の低品質記事があるサイト

不自然な被リンクが付いているサイト

広告量が多いサイト

この中で気になったのが「広告量が多いサイト」という項目。

ぼくのブログは今のところ、おすすめの本や商品を紹介するアフィリエイト記事が多く、1本の記事中に大量のアフィリエイトリンクを貼っているページが複数あります。そのため上記の「広告量が多いサイト」に該当する可能性がありそうです。

ただ、ほとんどのアフィリエイトリンクには”no follow"設定をしてあるので、Googleの評価対象から外れており問題ないはず。

"no follow"は、Googleのロボットに「このリンクをたどらない(評価しない)」という指示を与える手段の1つです。リンク評価を渡したくないアフィリエイトリンクなどには、rel="nofollow"を設定する必要があります。

 

念のため、すべての記事のアフィリエイトリンクの広告コードにnofollowがちゃんとあるかを確認。

アフィリエイトリンクの多い記事から順にチェックします。

 

・・・・・

・・・・・

 

 

 

 

あれへんやないか~~い!!

 

いきなりnofollow設定なしのアフィリエイトリンクを大量に発見。

先生お怒りの理由、判明。

全てのアフィリエイトリンクにnofollowを設定後、Fetch as Googleでクローラー巡回を促し就寝。

翌朝。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アクセス数が急回復!!

 

 

わずか半日でお怒りは鎮まりました。(今度はたぶん大丈夫。たぶん、、、)

 

で結局、4月のPVと収益は?

月間 12,000PV、収益は26,000円です。

 

過去記事 ブログ記事20本。アフィリエイト4ヶ月目でいくら稼げた?【収益報告】

 

まとめ

月の後半はジェットコースターの様な展開でかなり振り回されましたが、アクセス減の影響を受けたのは実質5日間程度だったため、甚大な被害は免れることが出来ました。

皆さんもアフィリエイトリンクを設置する際には、"nofollow"の設定を忘れないようにしましょう。

※ASPによっては広告コードの改変が禁止されていますのでご注意ください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

follow us in feedly
’RSS’

-ブログ
-,

Copyright© ZooLOG -ゾーログ- , 2017 AllRights Reserved.