コーヒー

おすすめ!個包装ドリップバッグコーヒー | デスクのお共に『アロマリッチ 』と『珈琲探究』

更新日:

毎朝、満員電車に揺られやっとの思いでオフィスに到着。パソコンを立ち上げ、メールチェックしながらホッとコーヒーで一息。湯気とともに漂う豆の香ばしい香り・・・。

あわただしい日常の合間のささやかなひとときですね。ぼくの朝は、毎日一杯のコーヒーとスタートします。

でも会社ではドリップするわけにいかない、かといって缶コーヒーやインスタントコーヒーでは物足りない・・・。そんな時、手軽に本格的な香りと味わいを叶えてくれるのが、ドリップバッグコーヒーです。個包装なので持ち運びも簡単で、いつもデスクの一番下の引き出しに常備しています。

ぼくの場合、数あるドリップバッグコーヒーを試してきた中で、味とコストにこだわってたどり着いたのがこのシリーズでした。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

「アロマリッチ」

味は?

ぼくはコーヒー愛好家ですが、『違いがわかる男』ではないので「果実のようなフルーティーな香り」とか「しっかりした厚みのある味わい」なんて、わかりません(笑)

でもたくさんのコーヒーを飲んできた中で、素直に「これはおいしい!」と思い長年愛用しているのがこのアロマリッチです。

「おいしい」だけだとよく分からないと思うので、無いなりの知識をふり絞って説明すると「苦味が強すぎない」+「ほどよい酸味」=「バランスのいい味」といったところでしょうか。語弊を恐れずに言うと「コーヒーが苦手な女性でもブラックで飲める、万人受けする味」かな?

お値段

個包装のドリップバッグコーヒーは、安いものだと20円前後/杯くらいからありますが、満足できる味のものには出会えませんでした。逆に高いものになると100円/杯を超えるものもあり、毎日飲むことを考えると庶民には少しコスト負担が大きいです。

その点、アロマリッチは50円強/杯と価格帯はその中間くらいで、味は十分満足できるレベルなので、高すぎるコーヒーはちょっと・・・という方で、でも味にはそれなりにこだわりたいという人向けだと思います。

コーヒーフィルターが浸からない

aloma-rich-filter

アロマリッチのフィルターは、ドリップバッグにありがちな浸ってしまうタイプのものではなく、写真のようにカップ上にセットできるタイプなので、コーヒーを蒸らしながら少しずつ淹れることができます。バッグの下からヒタヒタと滴り落ちるのがドリップコーヒーの醍醐味ですよね。味にも影響あると思います。(たぶん・・・)

 

新シリーズ「珈琲探究」

UCCから、2016年9月1日に新ブランド「珈琲探究」が発売されました。

パッケージや個包装を手に取って見ると、アロマリッチそっくりです。

念のためUCCのwebサイトもチェック。

新ブランド『UCC 珈琲探究』シリーズは、「一杯にかけるこだわり」をコンセプトに、UCCのコーヒー鑑定士が世界中から厳選したコーヒー豆のみを原料に使用し、永年独自に培ってきた技術や製法を採用することで、UCCの提案する最高のコーヒーのおいしさをお届けします。

UCC上島珈琲webサイト

 

気になったので、さっそく期間限定の「珈琲探究セレクション」を購入してきました。

【珈琲探求セレクションの内容】

  • 完熟手摘み珈琲     ×2
  • 炭焼珈琲        ×2
  • コロンビアブレンド   ×2
  • モカブレンド      ×2
  • キリマンジャロブレンド ×2
  • ザンビア初収穫珈琲   ×2

モカブレンドを試しに淹れてみましたが、しっかりアロマリッチの系譜を引き継いでくれていました。

美味しい!

※アロマリッチのモカブレンドとの違いは、ハッキリ言って分かりませんでした。

 

まとめ

a-cup-of-coffee

ちなみに、今日は『珈琲探究の「完熟手摘珈琲」』をいただきながらこのブログを書いています(^^)

アロマリッチシリーズ&珈琲探求シリーズ。興味がある方はぜひチェックしてみて下さい。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

follow us in feedly
’RSS’

-コーヒー
-,

Copyright© ZooLOG -ゾーログ- , 2017 AllRights Reserved.